×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レディースローン【審査が甘い】専業主婦にパートにと甘い

女性専用の消費者金融レディースローンは専業主婦でも審査が甘い

bar728.jpg

専業主婦への憧れ

2015年02月24日 17時03分

専業主婦というものに憧れていました。
今年結婚を機に、思い切って仕事を辞め専業主婦になりました。
私の母親は私が高校を卒業するまで専業主婦でした。
料理や裁縫が得意だった母は、おやつや洋服などみんな手作りで冬には毎年セーターなどを編んでくれました。
専業主婦に憧れたのは母親の影響もあったのかもしれません。
今は子供もおらず、専業主婦ですが家事は少ないです。
洗濯物や食事は2人分なので、そんなに大変でもないですし掃除も大人2人しか住んでおらず、旦那は普段仕事でいないので早々散らかる事もなく大変ではないのです。
以前の職場や友人には、専業主婦には向いてないからすぐ働きたくなると思うよと言われていました。
実際に専業主婦になってみて、時間もたくさんあり仕事に戻ろうかとも思いましたが今までできなかった事を今は色々できるのでこれはこれで楽しいと思っています。
働いている頃は、食事はあまり手間のかからないものばかり作っていました。
もともと料理は好きだったので、今は手間のかかるものや新しい料理にチャレンジしたりする時間があるので食事を作る時間は増えました。
掃除も休みの日にまとめてやる程度でしたが、毎日掃除する時間を持てる今は毎日掃除する場所を決めて掃除するようになりました。
専業主婦を何十年もされているベテランの方は、毎日をこうして繰り返してきたのだと思うと改めて尊敬の念を抱きます。
憧れの専業主婦になって、専業主婦として毎日をどこまでやるのか自分も専業主婦としてベテランの領域までたどり着けるのか不安や、迷いもありますが、もう少し専業主婦を続けてみようと思います。

bar728.jpg